今年もユスラウメ


なんだか鳥がよくやってくる。
紅々と実ったユスラウメに…。
スズメやムクドリやウグイスやハトの数種が朝から夕までひっきりなしにやって来ては、1粒くわえて飛び立ったり、その場で食べたりする。
200粒か、もっとかを、ついばまれたのじゃないかしら。
イチバンよろしくないのはちょっとひとかじりして味見するヤツ。そうされた実は枝についたままだけど、果実部が大きくほころんで痛々しい姿でションボリしてる。




鳥どもに食べ尽くされては困るので、よく紅く染まった頃合いに… 年中行事、手袋つけてルンルンルン。収穫する。
午後の半日をかけ、セッセッとはげむ。
近場の電線にとまり、鳥が口惜しげだかどうかは知らんが…、チラチラこっちを観ているようでもある。



昨年どうよう、収穫後、伸びに伸びてる枝葉を伐採。
ちょっと見た眼が貧相になるけど仕方ない。この木の周辺にいる植物たちにこれで陽がさし風が通る… はず。




今年はやや収穫量減少と思いきや、昨年より多めなおよそ6キログラムが採れた。
鳥どもにかなりヤラれたと思ったけど、さほどでもないのかな… トリ放題。
ともあれ。
これまた年中行事… 洗って、グツグツ煮たて、種をとり、こして… と面倒な作業をやってのち、ジャムにする。
小分け用のガラス瓶も買って、あおとの準備ももうデケタ。