チョイっと修復

コロナ以前、岡山シティミュージアムの鉄道関連イベントや自身の講演などで展示した模型。 ほとんどの車輌はまだミュージアムに保管されているけど、数輛は手元にある。その内の1輛をば修復。 破損しているワケでなく、製作時に手抜きしていた部分をば、レ…

台風直下と国葬

数日前、彼岸参りにやって来た弟の子供の1人から、 「ぉいちゃんの一番好きな映画、なぁ~に」 と問われて、くだらない質問にゲンナリしつつ、同時に、即答できない難問だなぁ~、とも思わざるを得ないのだった。 だって、そうでしょ。観た映画は数多ヤマの…

彼岸チョイ前

さぁ、この土曜には、また坊さんがやってきて仏前に座る。 お彼岸だ。秋分の日を真ん中においてその前後の3日、合計7日間が“正しい期日”らしいから今月20日~26日が該当するけど、お寺さんの檀家廻りの都合で、数日早い17日の土曜が指定されての前倒し。 ま…

岡山の 太陽の塔

過日、コマンドのNaoさんが、 「太陽の塔 が、岡山にもありますぞ……」 と、雑誌記事のカラーコピーを手紙で送ってくれた。 電子メールでなく手紙というのがイイのだ。情報の味わいと重みが紙の中からピースサインをおくってくれる。 場所を調べると、真庭市…

醤油を買いに・たつの

たつの市に出向く。 はるか大昔、奈良時代以前の昔々のその昔、同地には出雲方面からの移住者が多く住まいはじめ、仲間が没すると出雲出身者たち一同が墳墓建立のために野にズラリと並び立ったという故事から、立野という地名が生じ、やがて龍野になったとい…

8月もおわり

あらあら、8月ももう終わり。 日中はともあれ、気づくと、朝夕やたら涼しい空気になって、これはこれで、 「ちょっと早過ぎやしない?」 妙な心配に駆られもするんだった。 □□-■■-□□-■■-□□-■■-□□-■■-□□-■■-□□-■■-□□-■■-□□-■■ 諸星大二郎の『西遊妖猿伝』の最…

サーカスにはピエロが

昨日24日は、サーカス見物のお誘いがあったのだけど、あいにくと用事ありでいけなかった。残念。 サーカスを最後に観たのは大阪だなぁ。学生の時だ。天王寺公園だかその近隣で観覧したと記憶する。木下サーカスじゃなく、矢野サーカスだか国際サーカスだか………

ジャスト・ア・Ronin

映画『幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬』がDVD化されているのを知ったのは、お盆前。 Blu-rayは出ていないようだけど、DVDでかまや~しない。 隠れた名作として忘れられてしまうんかなぁ~、と思っていただけに、喜びのランプがピカピカ点燈。 という次…

初盆

昨日の日曜、坊さん来たりて正座する。 こたび、初盆。 春の彼岸時には、弟の家族がコロナにやられ、来るに来られず、むろん、来てもらっても困るという次第で、坊さんの読経を耳にしながら、坊さんの真後ろにピタリ座って、坊さんのうなじに息をふきかけた…

ウフーラ

ちょっと前にも書いた通り、庭中央のセンダン。とにかく成長が早いのだ。 6月末にほぼ裸同然くらい剪定したというのに数週後には、もう下写真のように葉を拡げ、今月8月にはさらに……。 7月10日頃…… 8月1日…… ニンゲン尺度でみれば尋常でない。 なるほど…

倉吉でミニカー眺める

8月に入った途端、なんだか7月が遠い昔のような、妙な感触あり。 暑さ続きで朦朧とし、昨日の事をカゲロウみたいにモヤモヤ~っと、感じているのかしら? 7月末(わずか5日ほど前だ)。岡山神社の茅輪祭(ちのわさい)。 境内にしつらえた大きなカヤの輪…

美保神社へ

NHKが放送した太陽の塔についての番組……。 このブログを読んでくださっている複数の方々から、「放送あるよ」とのお声がけを頂き、まっこと、ありがたいことでありました。 あいにく下記の通りで当日は県外におり(それでも番組の終わり10分ホドは観ました)…

タイムマシンに願いでる

甚九郎稲荷の夏祭り。 昨年はコロナで中止。なので2年ぶり。 とはいえ久しぶりって~感じがしないのは……、しょっちゅう、稲荷の境内に踏み入り、拝殿に詣でているからだろう。 ちなみに、甚九郎稲荷が出来た明治の時代は、毎年、赤痢やら虎列刺(コレラ)の…

甚九郎稲荷 まもなく夏祭

岡南シネマでの『ブレードランナー ファイナルカット版』の、朝9時半からの毎日1回こっきりの上映。 なんとか出向こうと算段したものの、結局、出向けず。 ここ10日ほど、自宅改修で業者さんが出入りゆえ、家主が不在じゃ~ヨロシクないワケで、朝1回でな…

バス、トイレなどの水廻りの配管工事がため、小庭に工事用仮設トイレが設置された。 今時はこういうのも水洗式。 それを、いざや自宅に置かれると、あんがいと大きなモノである事に気づかされ、 「ありゃま~」 と驚く。 目立ちもし、いささかカッコ悪い。 …

ヘンゼルのみ太る

ふってわいた元首相の暗殺。 参議院選挙への影響も大きかろう。 いずれ、“歴史”という記述の中では、かつての二・二六とか五・一五と同じく、七・〇八事件とか0708事件といった造語があたえられ、いっそう暗い時代への突入となった日、というようなコトになりは…

地底の太陽

太陽の塔のハナシ、3回目。 今回は、「地底の太陽」。 実際のそれは、横幅が12メートルを越えた大きなモノだったけど、70年万国博覧会が閉幕後、行方不明……。 そんなデッカイのを、どうして、どうやって、紛失させたのか、今もってミステリ~。この不祥事…

サボテンだらけ

飛鳥時代に入る直前、7世紀頃のモノと推定される中区賞田の唐人塚古墳。その界隈、20年ほど前までは、大きな石棺がおさまった巨石構造物として、在処がやや遠方からでも見えていたけど、近年に宅地化が進んで、存在が隠れ、薄れてしまっている。 容赦ない宅…

おごるセンダンおどろくワタシ

スィートアリッサムが小さな花をいっぱいつけて、小庭の一画、やや賑やか。 和名では、庭薺と書いて「にわなずな」というらしいが、可憐さと名から来る印象がなんだかマッチしないような気が、しないでもない。 英語のSweet Alyssumも、ピンとこない。 Alyss…

声の狩人

この前、久しぶりに店舗いならぶイオン岡山の中をブ~ラブラ歩いてみますに、マスク専門店が、あるのね……。時勢を思えば、ま~、そんな店も不思議じゃないけど、一方でようやく、マスクの呪縛から解放されるような流れが生じつつあるようで、それはそれでチ…

月の祭

過日。グロスで大塚まさじのライブ。 もう5日経ってるけど、良い余韻が尾を引いている。5日経ってるから、もう書かなくていいかとも思ったけど、久しく味わってない良性な香気のようなもんが残り香めく漂うてるんで、自分宛のメモリーとして記しておく。 …

謎の樹木

数年前、庭の中央にあったユスラウメが、フクロミ病という桃系の樹木のみが感染するらしいヤッカイなのにかかり、以後、それなりの対応をして様子をみたものの、結局、根治させるコトが出来ず、あきらめて、木を抜いた。 ユスラウメに申し訳ない気分が逆巻い…

須我神社

木曜の昼下がり、観る予定になかった『シン・ウルトラマン』を観る。 この映画は、この映画に何を求め、何を見いだしたいのか? で個々の評価が最初っから決まってるような感じ、有り。 当方の眼には、長澤まさみの演技力は判るものの演出凡庸。おまけに、ウ…

2週連続でライブ

先日の土曜。 快晴。心地良い風。 禁酒会館でライブ観覧。 ホンワカ楽しく、鋭角と鈍角が混ざりあったまろやか味。ついこの前に城下公会堂で眺めたIZUMI FUZIWARAがやはりカッコ良く眼に映えて、心地良し。 ま~、もっとも、禁酒会館だ……。 オチャケの類いは…

BONSAI

某日の夕刻、谷本玉山氏の盆栽展を見学。 逞しい作品の数々にご健勝を感じ、何やら安堵混じりの感慨がわく。 今回は花物が多い。 開花のコントロールが大変であろう難物が、幾つも並んでいるのを眺めると、どれだけの時間がさかれているのかと、いささかアタ…

ガンヘッド

先日、伯母が死去。 昨年11月に没したマイ・マザ~の姉。 あと数ヶ月で101歳になったのだけど、妹の後を追った……。 マイ・マザ~は5人兄弟だったので、これで全員が鬼籍に入ってしまった。まったく残念というホカないけど、次世代への交代という否応ない新陳代…

見え隠れ太陽の塔

太陽の塔についての2回目。 丹下健三のあの大屋根を取り壊してしまったのは、つくづく残念なことだった。 それがあったゆえに、太陽の塔は見えるようで見えず、けどまた、見えないようで見えてもいるという、もどかしいようなヴィジュアルに置かれ、それが…

アメリカはいつも夢見ている ~イノセンス~

連休が終わり日常が戻って来たのとほぼ同時に、コロナ感染の数量がアップしているとのニュースがチ~ラチラ。 若いヒトの重症化は少ないようだけど、こちとら高齢グループに身を置かざるをえない立場ゆえ、いざ感染……、という場合はもはやアウトな確率が高っ…

世羅高原

柔道家に車の運転を任せ、久しぶりに福山市の友人宅を訪ねて、つい数ヶ月前に亡くなった彼の妹さんに花をたむける。 幼い頃から心臓に疾患ありでペースメーカーを入れての生活。でもチャンと仕事にもついて着々に前進していたのだけど……、残念なことになって…

連休と豆ごはん

連休だ。 といって、べつだん、自分にはほとんど影響ない連打。 29歳で独立自営の細道に入っていらい、祭日も日曜もさほど関係なしの生活を続けているゆえ、キャ~バタバタって~、嬉しい悲鳴っぽいホリデー・フィーバーは体内にないんだった。 でも、周辺の…