Book

8月もおわり

あらあら、8月ももう終わり。 日中はともあれ、気づくと、朝夕やたら涼しい空気になって、これはこれで、 「ちょっと早過ぎやしない?」 妙な心配に駆られもするんだった。 □□-■■-□□-■■-□□-■■-□□-■■-□□-■■-□□-■■-□□-■■-□□-■■ 諸星大二郎の『西遊妖猿伝』の最…

ヘンゼルのみ太る

ふってわいた元首相の暗殺。 参議院選挙への影響も大きかろう。 いずれ、“歴史”という記述の中では、かつての二・二六とか五・一五と同じく、七・〇八事件とか0708事件といった造語があたえられ、いっそう暗い時代への突入となった日、というようなコトになりは…

声の狩人

この前、久しぶりに店舗いならぶイオン岡山の中をブ~ラブラ歩いてみますに、マスク専門店が、あるのね……。時勢を思えば、ま~、そんな店も不思議じゃないけど、一方でようやく、マスクの呪縛から解放されるような流れが生じつつあるようで、それはそれでチ…

アメリカはいつも夢見ている ~イノセンス~

連休が終わり日常が戻って来たのとほぼ同時に、コロナ感染の数量がアップしているとのニュースがチ~ラチラ。 若いヒトの重症化は少ないようだけど、こちとら高齢グループに身を置かざるをえない立場ゆえ、いざ感染……、という場合はもはやアウトな確率が高っ…

20世紀少年

ひっちゃちブリに、フィル・コリンズの、後半でドラムがドドドッドド~ンと来る「In the air tonight」を大音量で聴きたくなってヘッドフォンで味わってるさなか、 「あっちゃ~」 片っ方の根元が折れちゃったよ~。 20年くらい愛用してたな。経年で力尽きた…

日本再発見

明治神宮の創建以来守られ続けていた神宮の森。東京都はその一部を更地にし、再開発するらしい。 神宮の森の、その外苑にあたる場所らしいけど、100年以上前に植えられたモロモロであるのはマチガイない。 明治政府が設け、全国から集められ植樹された樹木。…

イケズな東京 〜岡山市民会館〜

ここ数日の早朝、やたらに寒くって、 「ぅぅうっ」 肩カタカタ慄わせることしきり。 まっ、2月だもん、厳冬のみぎり。あったりまえのコトなんだけど、けどチョイっと昔はもっと厳しかったね。 小学生の頃は庭池に氷が2センチくらいはるのが冬景色の1つ。…

亜公園がらみで本2冊

過日、30年越えのつきあいとなるK歯科医のもと、口をあけての治療中、 「土偶を読む、読んだ?」 と問われ、 「ぁぁ~」 と答える。 否定しているワケだけど、口あけたまま、ぅう~ん、とは云いにくいのだ。 というか……、云えない。ウソだと思うならやって…

掛け布団

金木犀の花がジワジワ落花な今日この頃。 落花がはじまると後始末がメンド~じゃあるけど、しばし香気は味わえた。 イチバンによく咲いていた2週ほど前、マイ・マザ~の介護に訪れる介護士の1人が、 「あら何っ、この匂い?」 小庭で訝しみ、もう1人が、 …

明日のトークショーやら上田先生の本やら

過日、岡山民俗学会の田中豊氏の講演に出向き、昔の岡山の祭り話を聴く。 古い写真から何かを「読み取る」というコトの面白みが前面に出て、興味深く拝聴。 戦後の10年ほどの間、日本のアチコチのお祭りは「仮装行列」がメイン。 なぜって……、ミコシや太鼓と…

矢車剣之助

この数日の就眠前は、堀江卓の漫画にどっぷり。 ご幼少のみぎり、年長のイトコが買った漫画誌『少年』に載ってるのを盗み読みしたと記憶する。 当時の月刊『少年』には別冊仕立てで付録漫画が数冊付いていて、『矢車剣之助』はそのフロクで読んだはず。 しか…

小町草紙

就眠前、四夜連続で「小町草紙」を読み耽る。 たて続けに複数回読み返すのは、我が事ながらめずらしい。 ま~、一つには、古文ゆえにナンギで、青信号なれど字面(ジヅラ)追いにくく、即座にアンヨが前に出なかったというのもあるのだけど、昔の文体ゆえの…

老舎

ついこの前のような感触があるのに、「9/11」から、もう20年が過ぎる。衝撃が大き過ぎて記憶が乾かないゆえ、ついこの前という感が抜けない。 ごく最近になって当時の情勢情報の一部が公開され、サウジアラビアの関与が浮上というようなコトも伝聞し、 「は…

本が寄贈されました

岡山県立図書館や大学図書館など71カ所に、山陽放送学術文化振興財団より、本200冊が寄贈されました。 これで県立図書館など公立施設で、借りて読むことが可能になりました。 いいぞ。 ぁあ、もちろん、買ってもらえるのがイチバンに嬉しいですが。 『近代岡…

ひさびさ士郎正宗

この国の諸々アレコレの進み方をニュースで聞くたび、希望より失望が膨らむ。 青息吐息な呼吸不全な状況を糊塗しまくっての、まやかしの連打。 ウンザリ。 ■□-■□-■□-■□-■□-■□-■□-■□-■□-■□-■□-■□-■□-■□ ここ数夜、眠る前は、士郎正宗の漫画をば。 彼が漫画を…

御伽は遠くなりにけり

5日前、ワクチン接種の予約を岡山県の予約サイトで行ったのだけど、判りにくいコトこの上なかった。 トップページが下写真の通り、ゴチャゴチャゴニョゴニョ文字の羅列。直感的に判るというカタチにはるかに遠い。 しかも、ログインすると直ぐに「旧パスワ…

洛中洛外図 舟木本

本屋さんに自分の本(共著です)が積まれているのは……、嬉しいような不安なような、妙な感じをおぼえる。売れて欲しいけど、一方で、いつまでも積んであって欲しいような、充ちと欠けが一緒になってユラユラする。 過去、何度か模型本の出版を味わってるけど…

電線絵画

ちょいっと前、レンブランドが今をいきてたら電線のある風景を描いたかも……、というようなコトを書いたけど、な~んと、この前、練馬区立美術館にて、 『電線絵画 小林清親から山口晃まで』 という展覧会があったようなのだ。(2021年2月28日~4月18日) そ…

出版のご案内

本が出ました。 もよりの書店で見かけたら、 「ぁ~、これだなぁ」 チラリと眺めてみてください。 『近代岡山 殖産に挑んだ人々』 発行 公益財団法人山陽放送学術文化財団 A5版 298ページ 1500円+税 昨年夏の山陽放送新社屋・能楽堂ホールtenjin9での初イベ…

中華料理四千年

またゲラが届いて、真顔になっていささか傾注。 ほぼ最終となる3回目の校正。 編集者と連絡しつつ、あっちをつつき、こっちをつつきと、時間がかかる。 しかし、フィニッシュまぎわ。そこの松林をまがったらゴールが見えるというアンバイ。 ●-●-●-●-●-●-●-●…

レンジが

マックのハードディスクが復旧した翌朝、電子レンジが、 「ポンッ!」 乾いた音たてて、ウンともスンともいわなくなった。 もう何年も使ってたもの。ポンッ!はおそらく電源部が逝った音なんだろう。「壊れ連鎖」にガックリさせられるけど、コンピュータのよ…

梅のさく 門は茶屋なり

地震はホントに怖いね……。 ●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-● なんか妙な、よこしまな視線っぽいのを感じたのだけど…… ペコちゃんだった ペコちゃんといえば不二家。1973年にバレンタインデーの仕返しじゃ~なくって、お返しとして「リターン・バレン…

史料が届く

1月最終の昨日の金曜、またzoom呑み会。 今回は県外、兵庫県在住氏も加わっての5人の会。 「や~、ども~、ごぶさた~」 隣県への移動も不自由な今、ま~、こういう呑み会も容認しなきゃ、やってらんない。 ただ、これは、ピッチが速くなるというか、呑む…

 本屋の夢 ~古本と少女~

他人の夢なんか、どうでもいいハナシじゃあるけど、見たものは見たままに……。 左右の本棚が湾曲した長い回廊めいた書店内。 どこまで歩いても左右本棚。 こちらが歩くに連れ、背後でシュシュシュって音がして、本が並び変わってる。 なんやしら『ゴーストバ…

「のんのんばあ」の後ろに「捨石丸」

8/20付けのこのブログで1冊の本が「探せない・見つからない」と嘆いた。 それが出てきた。 水木しげるの漫画。 再読のために、探していたわけだけど、どこにあるやら皆目わからなくなっていた。おまけにブック・サイズもタイトルもおぼえてね~。 それが、ベ…

消えた本

1冊、ほぼ絶対に、部屋のどこかにあるハズの……、本が見つからない。 本はよく行方不明になるけど、たいがい数日後には出てくるもんだ。 けどもこの1冊、そうでない。 日々刻々に探し続けてるわけでもないけど、日に1回は探して早や1ヶ月オーバー。 ちょ…

8月ですが

8月なのだけど、8月感が薄い。 長雨から一転して蒸れた暑さだけれど、日々の中のメリとハリが失せて、季節の「季」も「節」も色あせてる。1月から8月、連続の朦朧が居座ってる。 過日。午後にけっこうな雷と雨。 ゴロゴロじゃなく、パァン!ってな発砲音…

宇宙のランデヴー

ちょいと前、毎日新聞だかの書評というか本紹介みたいなコーナーで、A・C・クラークの『宇宙のランデヴー』が取り上げられていて、ずいぶんに、褒めている。 「あれ? そうだっけ?」 訝しんだ。 かなり昔に、1/3ほど読み進めたもののオモチロクなかったんで、…

墓場鬼太郎

政府指図による、この1日からの「プラスチック製レジ袋有料化」。 海洋汚染やらの抑圧につながると言われるけど、日本でのこのような製品、いわゆる廃材プラスチックの排出量は年間 900万トン。 で、そのうちレジ袋は 20万トン。 えっ? 880万トンはそのま…

耳なし芳一のはなし

展示中の模型に不具合ありとの連絡で、補修のためシティミュージアムへ。 ウィルス騒動で客足はまだまだ戻っていない。人影とってもまばら。ならば都合良し、大きなショーケースの側面ドアを開け、展示室でそのまま作業。 しかし、一部分は修復より作り直し…