Book

ジョジョ・ラビット

映画『ジョジョ・ラビット』は、いささか珍しいタイプの破壊力ある傑作だった。 巻頭での、ナチス政権がもたらしてくれるであろう明るい未来を信じて熱狂するドイツ国民の記録映像とビートルズのドイツ語版『抱きしめたい』の取り合わせにめんくらい、けども…

岡山神社音楽祭 + 甚九郎稲荷物語

祭日の月曜午後。雨のち曇りで木陰は冷んやり。 岡山神社音楽祭にチョコっと顔を出し、ステージをば眺め、居合わせた何人かの知友と立ち話。 昨年同様、楽しい演出とラフな空気が、いい。ひんやり気味の大気をあっためる。 拍手喝采とどよめき声にくるまれた…

タイムカプセル

1970年の万国博覧会。開催中の会場へは何度か出向いたけど、「松下館」には入っていない。 というか、当時は同館に興味のキョの字もなかったんだから、しかたない。 当時の写真:万博記念公園のHPより 1万本の竹で覆った宏大な池の中に、金属とプラスチッ…

久々のインディアナとフクロウ

6月末の封切り時に、「早よ観に行こうや」と吠えていた柔道家。でも彼のマザ~が急遽の入院でややドタバタ。一瞬、ほんじゃ~単独で行こうかとも思ったけど、 「待てば甘露の日和あり」 かもだ。 それでズ~ルズルと鑑賞日を日延べし……、ヒズ・マザ~も快方…

桂そうばに触発され

この数日、iTunesで、落語ばかり聴いている。 数日前にプチパインで催された桂そうば岡山落語会の夕刻の部にて、5年ぶりか、彼の噺を直に見聞して、しっかり落語モード。 5年前の時もそうだったなぁ。 桂枝雀、五代目志ん生、六代目圓生、三代目の桂三木助…

チョイ静養

あれほど気遣っていたのに、油断したというか、その状況でそ~なるかというか、日曜に小庭で作業中、チョコっと変な姿勢のままスコップを土中に差し入れ右足でグッと踏み込んだ刹那、左の腰部が、 「グギっ」 音たてた。 他者に聞こえるようなもんじゃ~ない…

辻斬り・赤銅・綱吉

この数日は、『リトル・ブッタ』と『ラスト・エンペラー』と『シェルタリング・スカイイ』 と『体内回帰』を繰り返し聴きつつ、笑顔の坂本さんを浮かべる。 彼が『音楽図鑑』というアルバムを出し、そのツアーの1つとして広島公演があったさいは、演奏しつつ客…

チャーリー・ウィルソンズ・ウオー

ここ数日、岡山市中区の白昼は何だか気抜けするような温かさ。 東平島のはま寿司でお支払い済ませて外に出ると……、狐の嫁入り、陽が照りつつ雨が降る。 陽気とにわか雨のダブルで、まさにキツネに化かされたようなヘンテコ感覚。 「洗車したばっかりなのにな…

赤胴鈴之助

実のところ、その名は幼い頃より知ってはいたけど、読んだコトがなかった。 ぼくが生まれた同年に『少年画報』で連載がはじまった漫画だけど、身近にあるようで実際はそうでもなく、モノゴコロついてからは、 「いまさら読んだってしゃ~ない」 とも思って、…

398円 → 498円

新年この1月になって近所のスーパー店頭に、昨年ヒンパンに買って食べた「豆ごはん弁当」が並んでたんで、 「おや、もう豆ごはん、出たのね」 好感して、レジに運ぼうと手に取ると、 「ゲッ!」 値段あがってんじゃん。 それも、398円だったのが498円だよ。…

日本のブリキ玩具図鑑

創元社から案内が届いた翌々日、熊谷氏の新刊が届く。 『日本のブリキ玩具図鑑』 熊谷信夫著 創元社 6600円 ブリキ玩具の日本でのヒストリーから、各模型の詳細までをフルカラーで図解した素敵な本。レイアウトも素晴らしい。 この30年ほど、当方の不精ゆえ…

夜明けあと

さぁ、年末です。あと10日も経てば新年。 という次第ゆえ、親戚宛の年賀状をば、書きます。 そも、年賀状は出さない主義で通しておりましたが、マザ~が没っす2年ほど前より、筆を持てなくなった彼女に変わって親戚向け賀状のみ出しており……、ここでやめる…

粕汁とやまんば

12月に入った途端、やったらと寒くなりましたねぇ。 過日には、石山公園で「プロジェクト・ゼロ」という岡山大学の授業の1つで、「石山公園一帯で継続的に展開できるサービスを提案する」というプレゼン発表の場があって、これは拝聴すべきと思っていたんだ…

どうしようかしら

岡山市より、5回目となるワクチン摂取の案内状が届いている。 悩ましい。 またぞろ感染者数が増加しているワケだけど、こたびのは副作用も大きいと聞くし、数ヶ月置きでの5回目というカウントも、 「もう、面倒~ッ」 って~な感触が、池に投げ込んだ石が…

つくもがみ

ガレージに大型粗大ゴミをまとめ、市の依頼を受けた業者さんが引き取りに来るのを、待つ。 背丈が高い書棚は運び出すのが面倒なので事前に分解している。 まだまだ使えるけれど、そぐわないモノ達……。 インドアからアウトドアへと持ち出して有料回収券を貼っ…

お金で読み解くビートルズ

2週間で作業を終えるつもりだった部屋のDIY作業。 予定した14日間の10日が過ぎてしまい……、残り4日じゃ、無理ムリむり。 鼻風邪やらの弊害があったものの、それなりに実際は進んでるんだけど、最初の見立てが甘かったな。 マザ~の残した家具に古いタンス…

タンタンの冒険旅行

近所のスーパーがセルフレジに変わって、もう数週間経過。 大きな混乱はないようだけど、それでも……、枯れた声で爺さんが、 「こんなんヤッてられんわ」 怒ってた。 お婆さんがバーコードの読み取りにナンギ四苦八苦し、店員がかざし方を教えてた。 そのレジ…

8月もおわり

あらあら、8月ももう終わり。 日中はともあれ、気づくと、朝夕やたら涼しい空気になって、これはこれで、 「ちょっと早過ぎやしない?」 妙な心配に駆られもするんだった。 □□-■■-□□-■■-□□-■■-□□-■■-□□-■■-□□-■■-□□-■■-□□-■■ 諸星大二郎の『西遊妖猿伝』の最…

ヘンゼルのみ太る

ふってわいた元首相の暗殺。 参議院選挙への影響も大きかろう。 いずれ、“歴史”という記述の中では、かつての二・二六とか五・一五と同じく、七・〇八事件とか0708事件といった造語があたえられ、いっそう暗い時代への突入となった日、というようなコトになりは…

声の狩人

この前、久しぶりに店舗いならぶイオン岡山の中をブ~ラブラ歩いてみますに、マスク専門店が、あるのね……。時勢を思えば、ま~、そんな店も不思議じゃないけど、一方でようやく、マスクの呪縛から解放されるような流れが生じつつあるようで、それはそれでチ…

アメリカはいつも夢見ている ~イノセンス~

連休が終わり日常が戻って来たのとほぼ同時に、コロナ感染の数量がアップしているとのニュースがチ~ラチラ。 若いヒトの重症化は少ないようだけど、こちとら高齢グループに身を置かざるをえない立場ゆえ、いざ感染……、という場合はもはやアウトな確率が高っ…

20世紀少年

ひっちゃちブリに、フィル・コリンズの、後半でドラムがドドドッドド~ンと来る「In the air tonight」を大音量で聴きたくなってヘッドフォンで味わってるさなか、 「あっちゃ~」 片っ方の根元が折れちゃったよ~。 20年くらい愛用してたな。経年で力尽きた…

日本再発見

明治神宮の創建以来守られ続けていた神宮の森。東京都はその一部を更地にし、再開発するらしい。 神宮の森の、その外苑にあたる場所らしいけど、100年以上前に植えられたモロモロであるのはマチガイない。 明治政府が設け、全国から集められ植樹された樹木。…

イケズな東京 〜岡山市民会館〜

ここ数日の早朝、やたらに寒くって、 「ぅぅうっ」 肩カタカタ慄わせることしきり。 まっ、2月だもん、厳冬のみぎり。あったりまえのコトなんだけど、けどチョイっと昔はもっと厳しかったね。 小学生の頃は庭池に氷が2センチくらいはるのが冬景色の1つ。…

亜公園がらみで本2冊

過日、30年越えのつきあいとなるK歯科医のもと、口をあけての治療中、 「土偶を読む、読んだ?」 と問われ、 「ぁぁ~」 と答える。 否定しているワケだけど、口あけたまま、ぅう~ん、とは云いにくいのだ。 というか……、云えない。ウソだと思うならやって…

掛け布団

金木犀の花がジワジワ落花な今日この頃。 落花がはじまると後始末がメンド~じゃあるけど、しばし香気は味わえた。 イチバンによく咲いていた2週ほど前、マイ・マザ~の介護に訪れる介護士の1人が、 「あら何っ、この匂い?」 小庭で訝しみ、もう1人が、 …

明日のトークショーやら上田先生の本やら

過日、岡山民俗学会の田中豊氏の講演に出向き、昔の岡山の祭り話を聴く。 古い写真から何かを「読み取る」というコトの面白みが前面に出て、興味深く拝聴。 戦後の10年ほどの間、日本のアチコチのお祭りは「仮装行列」がメイン。 なぜって……、ミコシや太鼓と…

矢車剣之助

この数日の就眠前は、堀江卓の漫画にどっぷり。 ご幼少のみぎり、年長のイトコが買った漫画誌『少年』に載ってるのを盗み読みしたと記憶する。 当時の月刊『少年』には別冊仕立てで付録漫画が数冊付いていて、『矢車剣之助』はそのフロクで読んだはず。 しか…

小町草紙

就眠前、四夜連続で「小町草紙」を読み耽る。 たて続けに複数回読み返すのは、我が事ながらめずらしい。 ま~、一つには、古文ゆえにナンギで、青信号なれど字面(ジヅラ)追いにくく、即座にアンヨが前に出なかったというのもあるのだけど、昔の文体ゆえの…

老舎

ついこの前のような感触があるのに、「9/11」から、もう20年が過ぎる。衝撃が大き過ぎて記憶が乾かないゆえ、ついこの前という感が抜けない。 ごく最近になって当時の情勢情報の一部が公開され、サウジアラビアの関与が浮上というようなコトも伝聞し、 「は…