Book

5日早いお彼岸 ~ラッキョウ•ラブ~

毎年のことながら……、ほんのついこの前、お盆で坊さんがやって来たと思ったら、早や今度は、お彼岸。 わずか数週、2度の坊さん来襲だ。 むろん事前に「行きますよ~ん」の通達あってのお越しだけども、ヤヤせわしない。本来は20日からお彼岸らしいから、5…

ヒゲ親父 ~ジョン・アダムズ~

某日、馴染んだ場所での『古市福子朗読の午後』。 毎回のことながら満席。(2日連続公演だけど両日とも満席なんだからたいしたもんだ) 会場入りすると既に心優しき我が仲間が席を確保してくれていた上に、集った仲間と同数の団扇まで用意してくれてた。 気…

チョンドリーノとイチジク

よそ様の庭のイチジクは知らないけれど、うちのイチジクは今年やたらに実ってる。昨年の5~6倍はあろうか……。 それらがこの前の台風の強風に大いに煽られた後、なにやら急速に熟し出し、連日、2つやら4つやらを収穫するという有り様。 でかい実で、けっ…

ファラオの食卓

愛すべき親類から、らっきょう漬けが届く。 畑で栽培し、収穫し、自ら漬け込んで3年が経過したもの。チョイと大量。 過日に会ったさい、 「らっきょう、ない?」 期待もせずに問うてみるに、 「あるあるある」 の三拍子。毎年作るゆえ消費が追いつかないと…

酒飯論絵巻

狩野元信が描いたと伝わる『酒飯論絵巻』をMacのモニター上に開くと、いつも決まって小さな解放感みたいな気分が心地よく泡立つのを感じ、シゲシゲ眺めては感嘆、その痛烈や諧謔を愉しみつつ、空想、妄想、アレコレな思いにかられるのだった。 酒飯論は、ご…

庭池改変

腰痛でございと、かまけていても庭池は待ってくれない。 治療開始から1ヶ月弱、池は放ったらかし。オマケに天気不順が続くゆえ、しっかり淀んでしまった。 腰に自由が戻ったとはいえ、”仮釈放”の期間中っぽい。雨降りの夜に1度呑みに出て、目的のBARが臨時…

ウィルソン氏の驚異の陳列室

博物館とか美術館とか、ミュージアムを割合と好む方じゃあるけど、出向くと期待よりガッカリの方が少し多いような気が……、しなくもない。 自分が求めているものと実際とに少し隙間があるワケだ。 それは実に絶妙で、展示物のアレやソレとかも大事だけど、た…

千利休 切腹と晩年の真実

知友の城井くんが東洋経済オンラインで大きく紹介されているので、後援気分でここでもチラッと紹介。 東洋経済の記事はコチラ。 何年か前、幕張でボクも乗っけてもらい、沿道の方々のビックリな視線が大変におもしろかったですニャ。バス停留所のヒトたちが…

影に仰天 ~火星年代記~

過日。The Recycleのライブ。 このバンドの溌剌を見るのは年に1度っきり。ニドサンドゥウィッチィじゃなくって年イチド~ッキリがドッキリ鮮度も保たれるって~もんだ。いいね。 スナザイル君のMCとボーカル。タケザイル君の確実なベース。動と静の佇まいが…

昔の寒い日々

先日の朝日新聞web版に下写真のようなタイトルの記事があって、ウムムッ、つまらなかった。 あくまでもライアン・ゴズリングの発言というインタビュー記述になってるけど、その部分「スマホより劣った技術で宇宙へ」をタイトルにしたところに、執筆者の感覚…

ディケンズの肖像

大阪での万国博覧会が決定し、喜んでる方も多々あろうけど、 「よしゃ~いいのに」 開催確定の報に、東京オリンピックが確定したさいと同様、とてもガッカリな気分を体内に充満させたのだった。 『いのち輝く未来社会のデザイン』というテーマ・フレーズが、…

明治お肉史 part.2

近藤勇が新選組の屯所で盛大に牛肉を喰っていたというのは、1つの定説というか、歴史の1コマと語られて、久しい。 彼が登場する映画を観ても、たとえば司馬遼太郎原作で昭和38年封切りの『新選組血風録 近藤勇』では近藤勇そのものの肉食シーンはないけど…

明治お肉史 part.1

今回は11/17の講演内容に触れようとも思ったけど、チョット浮気。 明治の頃のお肉についてを。 ご承知の通り、明治になって日本は牛食するようになった。 ヒンドゥー教徒やジャイナ教の方が多数のインドなどの国が牛食を、イスラムの方々が豚食を今も基本的…

聊斎志異

雨中の午後、カサさして、今月29日の「ちゅうぎんまえジャズナイト」のための、地域への挨拶とお願い。 市の文化担当者さんと共に、複数の町内会長やら地域企業を順次に巡る。 全国津々浦々の屋外ライブイベントは、きっと似たような挨拶やお願いを裏方が…

似た顔

ときに、とてもよく似た顔を見ることがある。 最近だと、『刑事フォイル』のサム運転手と、『007 スペクター』のヒロインが劇的なほどに似ていて、あとで調べてみるまでボクは同じ女優じゃな…、そう思い込んだりもした。 前歯中央の歯と歯の間に隙間があると…

中国文学十二話

あの大雨以来の雨。久々に庭木に向けてホースを伸ばしたり巻いたりから開放された。 おしめり程度ながら、若干の涼を感じないでもなかった。 お盆さなかの昨日までは暑かったね〜。 その暑熱の中、墓参り。 日中より朝がラクだろうと、午前9時にお墓に出向…

ありそうでないハレー伝

この前、マイ・マザーの部屋にいたらTVのクイズ番組で、司会のタレントが、 「ニュートンといえばリンゴですが…」 そう切り出したんで、 「まだ、そんなコト云ってるんかぁ〜ン」 鼻で笑って、つい悪態をついてもみるのだった。 米国でもヨーロッパでも、も…

冷血

真備や倉敷方面がメチャになって以来、毎朝、我が宅の上空近くを自衛隊のヘリコプターが4〜5機、東から西へと飛んでいた。 どこかの基地から支援に出向いている。 夕刻の5時頃、今度は西から東へ戻っていく。 それが日にちを増すに連れ、少しづつ機数が減…

不器用に造るが宣い 〜三遊亭円朝〜

土曜にTetsuya Ota Piano Trioのライブ。久々の会場係。 上写真はリハーサルでのヒトコマ。 片付け後、BARへ。退院直後のママさんに慰労のいっぱい。思わぬ出会いもあって数杯に。 日曜に桂そうばと小鯛の落語会。 先々週あたりから三遊亭円朝を拾い読んでる…

闇の奥

30年ぶりくらいに読み返す。むろん寝転んで。 以前もそうだったけど、1行1行に突起があって、ツルツル〜っとお蕎麦みたいに啜れない。持ってるのが、旧漢字が多い中野好夫訳の岩波バージョンなので、余計に。 けどま〜、結果として、そこがヨロシイのかと…

時の声

陽気の到来が…、あくまで感じとしてのコトだけど、2週間ほど早っぽい気がする。 室内で越冬中の2本のパッションフルーツも早や数週前にツルを延ばし、若い葉を作りだし、どっか巻きついて落ち着きたいよ〜、と訴えている。 ま〜、これは四六時中エアコンを…

幸せ在庫

某日。奉還町某所。 某教育関連プロジェクト・チームの年度末会合と打ち上げ。 会議後、馴染んだ顔ぶれでの乾杯。 「最近セイジ乱れちょるね〜」 笑みつつ苦々しいのをガジガジ噛む。 ※ 乾杯前にもう干しちゃってる方もありますが。 その会合前に駅前ビッグカ…

読む時間 ~イコライザー~

ひさびさ、国体町のカルチャーホテル。 瀟洒な庭というかグリーンがおごった塀を眺められる喫茶室の窓際で、午後の陽射しを外に感じつつ、 「おやま〜、もうそんなになりますかァ」 2年ぶりな方と打ち合わせ。 とある新規施設の企画サンプルとしての模型依…

話言葉と書き言葉

チョイと前の夕刻、宇野バスに揺られてたら中区役所前で2人組が乗ってきて前席に坐ったのだけど、聞き慣れない方言だった。 むろん盗聴という次第ではないけども、その会話の大半が意味不明だったから余計に気になった。 たぶん、どこかから出張されてきた…

グリム童話の誕生

今季は何だか寒さ到来が早い。 怪我でグズグズし、手入れ出来なかった庭のパッション・フルーツ。 南洋の植物ゆえ冬のアウトドアでは、この寒さをこえられない。 見れば、急激に色褪せし出している。 講演の後にしようとも思ったけど、もはや限界だろう。 本…

ゆく日くる日 ~森の生活~

新関君の葬儀があった水曜の夕刻、朝日新聞社から世論調査の電話。 むろん衆院選のこと。全国8万8千世帯を無作為対象に選んでるそうな。 腹立たしいセールス電話(電話回線を変えるとメチャにお得になるとか)ではないんで、忌憚ない気分を伝えた。 その結…

少年ロケット部隊

某放送局宛にと乞われ…、ほんの数日で提出出来ると思ってた書類作りに手間取ってしまった。 近頃は、1日で出来るコトは数日かけてヤレばよい、というスタンスでいるもんだから、そのクセがここでも出たかとも思ったけど、チョット違う。 アレも含め、コレも…

パッションフルーツ移動 ~伊曽保物語~

毎年の冬から春に至るおよそ半年、室内で越冬させていた2本のパッションフルーツ。 内1本がダメになった。 薔薇農家みたいに夜間も暖房を入れ、けっこう気を使っていたものの、徐々にグリーンが色褪せ、全体が茶色になってしまった。 同じ条件下に置いた2…

びっくりメガマウス ~オウムガイの謎~

目撃例とごく少数の標本ありで存在は知られていたものの、動いてる写真がなかったメガマウス。 こたびやっと、定置網にかかって撮影が出来たという次第だったけど、デッカかったね〜。 このような巨体生物の動画が今の今まで撮れなかったというのが、ま〜、…

花鳥風月 ~御伽草子~

毎度のことながら、春のスピードは速い。 ユスラウメの花がほぼ一気に咲き、アレヨアレヨの内、もう緑に変わる。 かの花咲爺は開花速度をいっそう高めたがる人だけど、せっかちだなぁ…、の感想も浮く。 ま〜、高速老春はさておき、いつ聞いても、いつ口にし…