Sketch

ちがった言葉 ~言葉と歩く日記~

5〜6日ほど前に河野太郎の、 「なぜカタカナで言うのか」 「クラスター・集団感染、オーバーシュート・感染爆発、ロックダウン・都市封鎖ではダメなのか」 が、話題になったけど、確かにその通り。人物には好感しないけど、この発言にかんしては二重丸。も…

お彼岸

ウィルス大騒動をよそに季節はめぐる。 お彼岸だ。 坊さんがやって来た。 この3月やら盆やら暮れにやって来て仏壇前でブツブツ唱えてナンボか持って帰るお寺さんというのは、とても悪しく云えば、巨大化した寄生生物種という感もなくはないけど、そう云っち…

倉敷のギャラリーでネコをみる

ひさびさ倉敷。 ギャラリー「十露」で友人の作品を観る。 かつてはアニメーションのキャラクターを彼独自の視線と卓越技巧でもって「フィギュア模型」としてではなく「フィギュア・アート」にまで昇華させ、モデル・グラフィックス誌上とかでも特集が組まれ…

ガリラヤの海の嵐

ウィルスそのものより、ニンゲン側の拙(まず)さ、怖さ、滑稽に、 「なんだかな~」 ぐったり続きなここ数週。あえてそれらに触れず、身近なモノに眼をむける。 空間というかスペース、について。 先日夕刻の西空。 レンブラントの描く光と影の含みみたいな…

病院はしご

昨日は雨降りのさなか、眼科へ。 術後1ヶ月経っての検診、という次第。 例によって待合室は受診者でいっぱい。この眼科にゃスタッフも20人くらいいて、人気を物語ってもいるのだけど、ウィルス騒動のさなかゆえ、この密集っぽさは好感しない。待合室で事前…

直き聖火リレーですが

ちょいと観たい映画があったけど、何だか出向けなかったのは、やはりニュータイプなウィルスのせいだろう。 この岡山ではまだ感染者のニュースもないんだけど、人ごみを避けたい気分濃厚。 躊躇する内、ありゃりゃ、2/27日で上映終了となっちゃった。 半年も…

キムタク大会

過日の週末、某BARにてY先生と合流。アレコレ歓談。同氏が『ネモ船長と海底都市』という激レア映画に言及したのでビックラこいた。 観る人少ない同作は以前にココで触れてるけど、思いがけないところに同好者がいたのに面食らうやら嬉しくなるやらで、アラ…

アラジンの魔法のランプ

左メダマの手術から、早や10日ほど経過。……いや、まだ10日って感じかなっ。 次は4日後の午前中に診察。これで一応は術後診察から開放される。 通院って、面倒で、き・ら・い。 アクリル製水晶体レンズは保険適用のものは2種あって、右眼の時と同様に「遠く…

新眼

メの手術して3日めに、S君やT君のバンド「ザ・リサイクル」のライブ観覧。 眼帯はずし、保護メガネとマスク着けて出向く。 5日ほどはジットしていろとのコトゆえ、ホントはよろしくない。事実、眼の左側界隈がときおり揺れる。埋めたレンズがまだ固定し…

眼の手術 終えて

本日、O眼科にて手術した。 3年ほど前に片方を手術し、世の中美しく見えるようになったものの、他方のメダマがジワジワ劣化し、気づくと片眼で車を運転してるような危ないデンジャラス。 せわしなさを口実に眼科行きを日延べさせ続けたものの、視界半分ボ…

YAMAHAとDENON ライフ オブ ブライアン

やたらとマスクが売れているようだ。近所のスーパーでもマスク・コーナーがさわやかに品薄だった。たぶん全国的にそんな状況なんだろう。人混みした場所にはチョット行きたくない気分にもなっちまう……。 ____________________ 10数年使…

冬の星座 ~メイフィールドの怪人たち~

慣習上ほぼ毎日、早朝3時半頃に屋外に出る。 冷気の中、夜空をチラリと見上げる。 数分後にはもう部屋に戻ってるけど、あんがいと雲が多く、星はあんまりみえない。 けどこの前の夜中は雲がなく、星がよくみえた。 よくみえたといっても、昔々の中学生の頃…

集って笑う

1月は、年があらたまってのアレコレな小さな行事が身辺にあって、ゆるく時間が流れているようでいて、実態は少し慌ただしい。青い空の広がりの中を悠々や急々にと淡い雲が動いているという感じ。 新春恒例の同窓会。かつての小学生がジジババになって集う可…

落花生 VS イカリ豆

10年以上使い続けたAVレシーバー/アンプの調子が悪い。昨年末頃から本体内で異音がし始め、ジワジワと悪化している。 ガチャガチャガチャ、と昔のTVのチャンネルを廻すような乾いた音がする。複数のスピーカーを結んだ5.1チャンネル仕様ながら、センター・ス…

としあけて

2020年。 昭和半ばに生れた身として、西暦2020年というのはトンデモない未来のようにかつて思ってたコトもあるのだけど……、ナマで2020年1月の入口に立つと、 「かつて到来を楽しみにしてた、これが未来かい?」 訝しむコトしきり。かえって、昔の方がチョイ…

今年が終わりかけ

2019年が終わりかけですね。今日はシド・ミートの訃報……。 多数の良きビジュアル・イメージを残してくれました。合掌。 顧みるまでもなく、今年が良い1年であったとは思えません。来たるネズミ年2020年も暗いニュースがチュ~チュ~駆け廻るような悪しき予…

きよしこの夜 ☆ 時をかける少女

今更にこの大林作品を取り上げるのは周回遅れのカメの鈍足とも思うけど、イブに、超ひさしぶりに観たもんだから、書いておきたくなった。ウサギの俊足でなくていい。 ちなみに……、クリスマス・イブをキリスト生誕の前夜、あるいは前日と思ってるヒトが多いけ…

コメット後談

だいたい、たいがい、おおむね、この世の中、自分が思った通りにゃコトが進まない。 中にはカッカッと大笑いな快勝楽勝快進撃もあるけれど、「やったぁ!」と「あじゃぱ~」の分量を天秤にかけると、「あじゃぱ~」が多い。 5日前に記した「コメットを室内…

コメットを室内に

明日より12月。「やっと12月か」と思うヒトと、「もう12月かよ~」と思うヒトに二分されるはずだけど、ぼくは後者。 庭池のコメットはここ3週間ほどのうちに、動きが緩慢、エサの食いつきも悪くなり、まったく浮上せずで、池底にうずくまって姿を見せない。…

坊っちゃん

先週から今週にかけて幾つか連続で会合。 ま~、いずれも意義ありな、それぞれ来年度の諸々な話。 うち1つは、興がのって3次会までイッちゃって朝日きらきら。タクシーで帰宅したら、隣家のご主人が出社されるのと鉢合わせ。かなりみっともネ~ネ~な朝帰…

悠々として急げ

6~7年前、ちょうどこんなシーズンの頃には手作業ワークを中断し、自転車に乗って1時間か2時間、スポーツというほどではない運動をやって軽度に汗をかき、自転車に乗らない日が生じると、何やら身体に悪いよ~な気がしたもんだけど、今はそんな気配もない…

秋の日差し

連打みたに大雨やら暴風の被害だらけだった近ごろとはいえ、それでも気づくと、秋だ。 夜ともなればもう寒いし、朝の3時頃には南天に冬の星座のオリオンが静かにのぼって「冬来りなば」の気配ありありだけど、でも日中は、青い空が広がり暑すぎず寒すぎず、…

お金の流れがわからない

庭のキンモクセイに花がいっぱいつき、あたりに良い匂いを散らせてる。まことに香しく、ホッホッホ……、と繊麗にして寛雅な気分になりはするけど、当然に落花する……。 「お池にはまって、さ~大変」 池を汚す。 生息中の金魚たちは、エサと思ってついばむもの…

イベント1つをクリアして

大事なスタッフの1人がイベント数日前に自転車転倒。鎖骨が折れちゃうアクシデントがあってアタフタさせられ、当日はここ数年同様に雨が落ちる・落ちない…… でヤキモキ。 28日の土曜。会場近く、天神町の朝。RSK山陽放送の新社屋建造現場の上空に暗雲たれこ…

週末は『ちゅうぎんまえジャズナイト2019』

週末土曜の中国銀行本店前ひろばでの『ちゅうぎんまえジャズナイト2019』まで、あと数日。 昨日は本店界隈の主要な箇所箇所に、市の文化担当者と一緒に挨拶廻り(街の中心部での野外ライブなのでね)。毎年のことで別段にたいした大仕事でもなんでもないけど…

5日早いお彼岸 ~ラッキョウ•ラブ~

毎年のことながら……、ほんのついこの前、お盆で坊さんがやって来たと思ったら、早や今度は、お彼岸。 わずか数週、2度の坊さん来襲だ。 むろん事前に「行きますよ~ん」の通達あってのお越しだけども、ヤヤせわしない。本来は20日からお彼岸らしいから、5…

プリズナーNO.6 ~MINI 60年~

MINIが誕生して今年で60年。 英国やこの国でも、いくつか比較的大掛かりな記念イベントが開催されているようで、慶賀というほかない。 私的感想を申せば、BMW-MINIに変わった時点で「楽しい車」としてのMINIのヒストリーは終焉し、今そこいらを駆けてるMIN…

プロジェクタースクリーン

平日月曜のライブというのは、むろんあり得ないワケではないけども、やや少ない。 そのやや少ない日程での「嶋津健一ピアノコンサート」。 ゲスト歌手に我れらが、なかだたかこ。 チラシも我れらが、Yukoちゃん。 客席のアッチコッチにジャズフェスやら別の…

お盆の蚊

12日。朝の3時過ぎ、外に出て夜空を眺める。 ペルセウルス座流星雨。 ふとよそ見をした瞬間に、天井近くに取り付けて忘れていた画鋲が1つ抜け落ちたみたいな、 「んっ?」 動いたような気配が何度かあったけど、クッキリ見えたのは僅かに3つ。 うち1つは…

らっきょうに未来はあるか

仏教の精進料理では、らっきょうは禁じられた菜の1つ。「禁葷食(きんくんしょく)」と云われる。 らっきょう、ねぎ、ニンニク、たまねぎ、ニラ。この5種を「五葷(ごくん)」と称し、その匂いゆえ、すなわち生臭いものとして、僧も徒も食べちゃいけないコ…