Sketch

無残やな……

18日のTV放送後、お久しぶりな方も含め、あれこれ連絡をたまわる。 皆さん、けっこう観てるんだね、テレヴィジョン。 TVメディアはもう古いと云われつつも、影響力ある存在……、と再認識。 ________________________ ニンゲン、悲喜…

仏壇返し

いま、大事な友が入院している。 我が車の面倒いっさいを診ているFくん。 けどもご承知の通りで、見舞いに行けない。 こちらはまだしも、入院しても誰も来てくれないというのは、心もとなかろう。とりわけ大きな手術の乗り越えでは……。 が、どうしようもな…

10月下旬の秋の空

過日。 自宅にてRSK山陽放送さんから取材を受ける。大型カメラが入り、胸にピンマイクをつけさせられ、およそ1時間、問いに答える。 過日。 RSK山陽放送さん新社屋と甚九郎稲荷にて、VTRカメラを前に若干の解説。 演出として拝殿で手をあわせるというポーズ…

しじみ汁

終日部屋にたれ込めて書棚のあちゃこちゃから資料本を引っ張りだし、目的な箇所を探してチェックするというような作業を繰り返すだけであっても、お腹はへってくる。 午後。このごろ、しじみ汁を飲むこと多し。 焼きそばなんぞと一緒に、インスタントなやつ…

 本屋の夢 ~古本と少女~

他人の夢なんか、どうでもいいハナシじゃあるけど、見たものは見たままに……。 左右の本棚が湾曲した長い回廊めいた書店内。 どこまで歩いても左右本棚。 こちらが歩くに連れ、背後でシュシュシュって音がして、本が並び変わってる。 なんやしら『ゴーストバ…

彼岸の失敗

いつも通りの秋季彼岸。 すでに坊さんの到来は予告されてたから、けっこ~早朝より準備バンタンなのだった。 概ねで我が宅へは朝9時半前後にやって来る。 それを見計らって弟夫妻らもやって来る。 ちょいと早めにマイ・マザーの朝食のお世話やらも済ませ、抜…

カリンの苗木

この前の台風一過以後、朝夕が過ごしやすくなって、今朝方なんかは寒いっくらい。 クーラーなしでス~ヤスヤ。 こういう過ごしよい時間って、1年で何時間あるんだろ? ま~、それゆえ快適をカイテキと強く感じるわけでもあるんだろうけど、その快適睡眠さな…

朝4時。 外に出た途端に、「おっ!」。 東の低い空に見事な有明月。 その左手下方でピッカリ光る金星。 家屋で半分隠されているけど、右手にはオリオン座が登りかけ。 iPhoneのカメラ機能程度じゃ~、この静かな情景気分を捉えることが出来ないけど、天空は…

8月ですが

8月なのだけど、8月感が薄い。 長雨から一転して蒸れた暑さだけれど、日々の中のメリとハリが失せて、季節の「季」も「節」も色あせてる。1月から8月、連続の朦朧が居座ってる。 過日。午後にけっこうな雷と雨。 ゴロゴロじゃなく、パァン!ってな発砲音…

明治の感染症騒動

↑ 7月13日新聞休刊日の毎日新聞ネット記事の見出し ↑ 昭和18年に日本陸軍省が発行し全国に配布した標語ポスター イヤな匂いの感じ悪さ……。 上記の2つ。雰囲気、似ていなくもない……。 ○●-△▲-○●-△▲-○●-△▲-○●-△▲-○●-△▲-○●-△▲-○● 亜公園のことを調べていくと、…

古いヤツだとお思いでしょうが

ああぁぁっ……、という間にもう7月。 この半年の天災と人災。 さっぱりワヤ。やってられませんなぁ。 けど、やってかなきゃ~いけないワケで……。 なるほど、こういう状況で鬱屈晴らしなテロ行為が萌芽するというのは、わからなくもなく、といって、ぼくも暴…

岡山空襲からまもなく75年

ミュージアム展示のために作ったものの、使わなかった模型……。 そういうのも、ある。 何だか模型が気の毒だけど、しかたない。 1例としてあげるこの模型なんぞは、彩色がはたして正しいのかどうか、確証がもてず、結局、お蔵入りとした。 戦時中の岡山電気…

「鉄道のまち おかやま」展

小パーツを2点作りあげ、シティミュージアムへ。 明治の路面電車の集電ポールと昭和の路面電車のパンタグラフ。 工作そのものはさほど面白くもないけど、明治のカタチと昭和のカタチを再び掌握するのは、お・も・し・ろ・い。 ”進歩”としか云いようのないカ…

耳なし芳一のはなし

展示中の模型に不具合ありとの連絡で、補修のためシティミュージアムへ。 ウィルス騒動で客足はまだまだ戻っていない。人影とってもまばら。ならば都合良し、大きなショーケースの側面ドアを開け、展示室でそのまま作業。 しかし、一部分は修復より作り直し…

夜の町・レモン

およそ2ヶ月ぶり、外で呑む。 「や~や~久しぶりぃ」 と、笑う。 自嘲がちょっと入ってる。 町中に住まってるのと、ちょい郊外に住まってるのとでは、あれこれの接し方、感じ方に差がある。 まして自営で終日部屋に垂れ込めるようなアンバイで郊外に住まっ…

蟄居解除はまだ

この前の週末、馴染んだBARに出向きたい気持ちを、かなり必死にこらえ、 「もう一週間ほどは我慢すっか」 と、自分を鼓舞して部屋に留まった。 そも、帰宅可能なバスがない。5月末までバス運行も自粛モード、夜8時過ぎが最終となってるんだからアジャパ〜…

スペーストラッカー

続く右往左往。 自粛要請は緩和されつつも、状況好転、とは云い難い。 くわえて、ろくな具体策提出できずのリーダーの、信仰めいた情緒発言が大黒柱じゃ〜、安堵できない。 愚鈍豚足政治がもたらす中央と地方のギャップと、虚実ごった煮の報道と、なにより怖…

カレーライスが産声あげた頃

希有な連休。 買い物程度のお出かけはあるものの、若い夫妻が住まう隣家も、向かいのやや若い夫妻のところも、そのお隣りさんも、みな車庫に車があった。 拭えない不安。窮屈と退屈。でも微かにおぼえる状況の可笑しみ。 アレコレないまぜ。 みながみな自宅…

LEE辛さ10倍

5月公開予定だった『燃えよ剣』が、ウィルス渦で公開延期。 原田眞人監督は残念がりつつ、昨年今ごろの撮影時の日誌の一部を急遽、公開してらっしゃる。 大きな支出で映画を創り、さ~これから全国映画館で収入をという時に断たれているんだから、内心穏や…

4月なかば

早やもう4月も半ば。 1月1日元旦に、この4月の様相を予想したヒトはいない。 ま~、だからこそ未来は「未定が来る」わけなのだし、いっさいが判るなら未来という字はふさわしくなく、”確来”とでも書いた方がおさまりがイイ。 数日前の雨の日曜。夕刻の岡…

ちがった言葉 ~言葉と歩く日記~

5〜6日ほど前に河野太郎の、 「なぜカタカナで言うのか」 「クラスター・集団感染、オーバーシュート・感染爆発、ロックダウン・都市封鎖ではダメなのか」 が、話題になったけど、確かにその通り。人物には好感しないけど、この発言にかんしては二重丸。も…

お彼岸

ウィルス大騒動をよそに季節はめぐる。 お彼岸だ。 坊さんがやって来た。 この3月やら盆やら暮れにやって来て仏壇前でブツブツ唱えてナンボか持って帰るお寺さんというのは、とても悪しく云えば、巨大化した寄生生物種という感もなくはないけど、そう云っち…

倉敷のギャラリーでネコをみる

ひさびさ倉敷。 ギャラリー「十露」で友人の作品を観る。 かつてはアニメーションのキャラクターを彼独自の視線と卓越技巧でもって「フィギュア模型」としてではなく「フィギュア・アート」にまで昇華させ、モデル・グラフィックス誌上とかでも特集が組まれ…

ガリラヤの海の嵐

ウィルスそのものより、ニンゲン側の拙(まず)さ、怖さ、滑稽に、 「なんだかな~」 ぐったり続きなここ数週。あえてそれらに触れず、身近なモノに眼をむける。 空間というかスペース、について。 先日夕刻の西空。 レンブラントの描く光と影の含みみたいな…

病院はしご

昨日は雨降りのさなか、眼科へ。 術後1ヶ月経っての検診、という次第。 例によって待合室は受診者でいっぱい。この眼科にゃスタッフも20人くらいいて、人気を物語ってもいるのだけど、ウィルス騒動のさなかゆえ、この密集っぽさは好感しない。待合室で事前…

直き聖火リレーですが

ちょいと観たい映画があったけど、何だか出向けなかったのは、やはりニュータイプなウィルスのせいだろう。 この岡山ではまだ感染者のニュースもないんだけど、人ごみを避けたい気分濃厚。 躊躇する内、ありゃりゃ、2/27日で上映終了となっちゃった。 半年も…

キムタク大会

過日の週末、某BARにてY先生と合流。アレコレ歓談。同氏が『ネモ船長と海底都市』という激レア映画に言及したのでビックラこいた。 観る人少ない同作は以前にココで触れてるけど、思いがけないところに同好者がいたのに面食らうやら嬉しくなるやらで、アラ…

アラジンの魔法のランプ

左メダマの手術から、早や10日ほど経過。……いや、まだ10日って感じかなっ。 次は4日後の午前中に診察。これで一応は術後診察から開放される。 通院って、面倒で、き・ら・い。 アクリル製水晶体レンズは保険適用のものは2種あって、右眼の時と同様に「遠く…

新眼

メの手術して3日めに、S君やT君のバンド「ザ・リサイクル」のライブ観覧。 眼帯はずし、保護メガネとマスク着けて出向く。 5日ほどはジットしていろとのコトゆえ、ホントはよろしくない。事実、眼の左側界隈がときおり揺れる。埋めたレンズがまだ固定し…

眼の手術 終えて

本日、O眼科にて手術した。 3年ほど前に片方を手術し、世の中美しく見えるようになったものの、他方のメダマがジワジワ劣化し、気づくと片眼で車を運転してるような危ないデンジャラス。 せわしなさを口実に眼科行きを日延べさせ続けたものの、視界半分ボ…