Sketch

冬の星座 ~メイフィールドの怪人たち~

慣習上ほぼ毎日、早朝3時半頃に屋外に出る。 冷気の中、夜空をチラリと見上げる。 数分後にはもう部屋に戻ってるけど、あんがいと雲が多く、星はあんまりみえない。 けどこの前の夜中は雲がなく、星がよくみえた。 よくみえたといっても、昔々の中学生の頃…

集って笑う

1月は、年があらたまってのアレコレな小さな行事が身辺にあって、ゆるく時間が流れているようでいて、実態は少し慌ただしい。青い空の広がりの中を悠々や急々にと淡い雲が動いているという感じ。 新春恒例の同窓会。かつての小学生がジジババになって集う可…

落花生 VS イカリ豆

10年以上使い続けたAVレシーバー/アンプの調子が悪い。昨年末頃から本体内で異音がし始め、ジワジワと悪化している。 ガチャガチャガチャ、と昔のTVのチャンネルを廻すような乾いた音がする。複数のスピーカーを結んだ5.1チャンネル仕様ながら、センター・ス…

としあけて

2020年。 昭和半ばに生れた身として、西暦2020年というのはトンデモない未来のようにかつて思ってたコトもあるのだけど……、ナマで2020年1月の入口に立つと、 「かつて到来を楽しみにしてた、これが未来かい?」 訝しむコトしきり。かえって、昔の方がチョイ…

今年が終わりかけ

2019年が終わりかけですね。今日はシド・ミートの訃報……。 多数の良きビジュアル・イメージを残してくれました。合掌。 顧みるまでもなく、今年が良い1年であったとは思えません。来たるネズミ年2020年も暗いニュースがチュ~チュ~駆け廻るような悪しき予…

きよしこの夜 ☆ 時をかける少女

今更にこの大林作品を取り上げるのは周回遅れのカメの鈍足とも思うけど、イブに、超ひさしぶりに観たもんだから、書いておきたくなった。ウサギの俊足でなくていい。 ちなみに……、クリスマス・イブをキリスト生誕の前夜、あるいは前日と思ってるヒトが多いけ…

コメット後談

だいたい、たいがい、おおむね、この世の中、自分が思った通りにゃコトが進まない。 中にはカッカッと大笑いな快勝楽勝快進撃もあるけれど、「やったぁ!」と「あじゃぱ~」の分量を天秤にかけると、「あじゃぱ~」が多い。 5日前に記した「コメットを室内…

コメットを室内に

明日より12月。「やっと12月か」と思うヒトと、「もう12月かよ~」と思うヒトに二分されるはずだけど、ぼくは後者。 庭池のコメットはここ3週間ほどのうちに、動きが緩慢、エサの食いつきも悪くなり、まったく浮上せずで、池底にうずくまって姿を見せない。…

坊っちゃん

先週から今週にかけて幾つか連続で会合。 ま~、いずれも意義ありな、それぞれ来年度の諸々な話。 うち1つは、興がのって3次会までイッちゃって朝日きらきら。タクシーで帰宅したら、隣家のご主人が出社されるのと鉢合わせ。かなりみっともネ~ネ~な朝帰…

悠々として急げ

6~7年前、ちょうどこんなシーズンの頃には手作業ワークを中断し、自転車に乗って1時間か2時間、スポーツというほどではない運動をやって軽度に汗をかき、自転車に乗らない日が生じると、何やら身体に悪いよ~な気がしたもんだけど、今はそんな気配もない…

秋の日差し

連打みたに大雨やら暴風の被害だらけだった近ごろとはいえ、それでも気づくと、秋だ。 夜ともなればもう寒いし、朝の3時頃には南天に冬の星座のオリオンが静かにのぼって「冬来りなば」の気配ありありだけど、でも日中は、青い空が広がり暑すぎず寒すぎず、…

お金の流れがわからない

庭のキンモクセイに花がいっぱいつき、あたりに良い匂いを散らせてる。まことに香しく、ホッホッホ……、と繊麗にして寛雅な気分になりはするけど、当然に落花する……。 「お池にはまって、さ~大変」 池を汚す。 生息中の金魚たちは、エサと思ってついばむもの…

イベント1つをクリアして

大事なスタッフの1人がイベント数日前に自転車転倒。鎖骨が折れちゃうアクシデントがあってアタフタさせられ、当日はここ数年同様に雨が落ちる・落ちない…… でヤキモキ。 28日の土曜。会場近く、天神町の朝。RSK山陽放送の新社屋建造現場の上空に暗雲たれこ…

週末は『ちゅうぎんまえジャズナイト2019』

週末土曜の中国銀行本店前ひろばでの『ちゅうぎんまえジャズナイト2019』まで、あと数日。 昨日は本店界隈の主要な箇所箇所に、市の文化担当者と一緒に挨拶廻り(街の中心部での野外ライブなのでね)。毎年のことで別段にたいした大仕事でもなんでもないけど…

5日早いお彼岸 ~ラッキョウ•ラブ~

毎年のことながら……、ほんのついこの前、お盆で坊さんがやって来たと思ったら、早や今度は、お彼岸。 わずか数週、2度の坊さん来襲だ。 むろん事前に「行きますよ~ん」の通達あってのお越しだけども、ヤヤせわしない。本来は20日からお彼岸らしいから、5…

プリズナーNO.6 ~MINI 60年~

MINIが誕生して今年で60年。 英国やこの国でも、いくつか比較的大掛かりな記念イベントが開催されているようで、慶賀というほかない。 私的感想を申せば、BMW-MINIに変わった時点で「楽しい車」としてのMINIのヒストリーは終焉し、今そこいらを駆けてるMIN…

プロジェクタースクリーン

平日月曜のライブというのは、むろんあり得ないワケではないけども、やや少ない。 そのやや少ない日程での「嶋津健一ピアノコンサート」。 ゲスト歌手に我れらが、なかだたかこ。 チラシも我れらが、Yukoちゃん。 客席のアッチコッチにジャズフェスやら別の…

お盆の蚊

12日。朝の3時過ぎ、外に出て夜空を眺める。 ペルセウルス座流星雨。 ふとよそ見をした瞬間に、天井近くに取り付けて忘れていた画鋲が1つ抜け落ちたみたいな、 「んっ?」 動いたような気配が何度かあったけど、クッキリ見えたのは僅かに3つ。 うち1つは…

らっきょうに未来はあるか

仏教の精進料理では、らっきょうは禁じられた菜の1つ。「禁葷食(きんくんしょく)」と云われる。 らっきょう、ねぎ、ニンニク、たまねぎ、ニラ。この5種を「五葷(ごくん)」と称し、その匂いゆえ、すなわち生臭いものとして、僧も徒も食べちゃいけないコ…

茅輪祭(わくぐり)

ちょっと慌ただしい7月末。 雨天の連続で沈黙を強いられていたセミ達が、ここ数日の早朝からの陽光にいっせいに勢いづき、大声で鳴く。 かなりの喧騒。求愛の日程が圧縮されて大いに焦っての慌ただしさという風情。 夕刻の甚九郎稲荷で複数の方々に挨拶。 …

らっきょう好感

『BladeRunner』の印象を決定づけたロイ・バッティ。彼を演じたルトガー・ハウアーが亡くなった。(75歳・オランダにて逝去)映画の中の死を迎える直前の最後のセリフは、 「思い出はすべて消える」 といった意味合いのものだったけど……、哀悼しつつも、同映…

ポシェット

腰痛が全快しない。概ねでオッケ~だけども、どこか安定しないというか、腹痛や歯痛みたいな、 「治った、おさまった~」 ではない不穏が終始からまる。 痛み野郎が隠れていて、いつ顔を出してやろうかウズウズしてるって感じ。 いい加減で切り上げたいのだ…

梅花点々

客人に食事を出し、食べてもらい、その食後にテーブルクロスに汁の飛沫や食べるさいに散ったクズ小片など、それら点々とした様相を、かつて昔々の中国では、 『梅花点々』 といって、顔をほころばせた。 メイファ~ディエンテン、とでも発音したらいいか。 …

「医」の字

完全ではないにしろ腰の痛みが消えつつあり、日常の生活が戻ってきた。 嬉しいね。 どうかしたハズミでズッキ~ンとくるし、同じ姿勢のままだと痺れてもくるから、まだ通院は継続中。擦られたり温められたり……。 当然に腰を屈める庭作業などもってのホカじゃ…

腰痛騒動

日々の暮らしの中、誰にだって、諸々な優先順位ってのがあるでしょ。 アレしてコレしてと、欠かさずやらなきゃいけないコトがアンガイいっぱいある。 けどもそういうのを粉砕してくれるのが、突然のアクシデントというやつ、ね。 先週の月曜から、整形外科に…

桂そうば岡山落語会

過日の午後、『桂そうば岡山落語会』。 自分にとって年1度の落語を直に”見る”日。 落語は頻繁に聴いている。かなりの量をCDからiTunesに置き換え、概ね2日に1度くらい、どこかの時間で、1席か2席、誰かの何かを聴くというアンバイ。 ローテーションとし…

キムチ十景

前回記事で登場の、庭池で阻害され危うく落命するところだった1匹のコメットは、その後、小さな水槽で養生生活をおくってる。 単身の1部屋住居の窮屈は気の毒じゃあるけど、庭池で他のやつらに追っかけられてストレス爆裂ヘトヘトよりは、ま~、いいだろう…

まごのて

最近100円ショップで「孫の手」を買ってエラク重宝してるのだけど、「孫の手」を発明したヒトは、「世界の偉人100人」に選んであげても良かアンベ~なのじゃあるまいか。 それっくらい威力絶大、かゆい所に手が届く逸品だ。ま~、文字通りにそう機能するのだ…

令和の初日

一昨日、祭日の柳川交差点界隈。 「たま大明神」が設置されたテラス真下空間での初めてのイベント。我が眼で見る平成ファイナルのライブシーン。 ステージのトリとして登場の、我が良き友の歌声が清々しい。 馴染んだ声に淡くなりつつも、けども雨の粒。おま…

神勝寺にいく

雨天となった日、福山の神勝寺に出向く。 1年ほど前、講演で御一緒いただいたN女子大の上田教授より、 「日本の建築家を1人あげるなら、藤森照信でしょう」 魅力を聞かされた。 その藤森作品の寺務所が神勝寺にあるのだった。それで気にはなっていたのだ…