Sketch

5日早いお彼岸 ~ラッキョウ•ラブ~

毎年のことながら……、ほんのついこの前、お盆で坊さんがやって来たと思ったら、早や今度は、お彼岸。 わずか数週、2度の坊さん来襲だ。 むろん事前に「行きますよ~ん」の通達あってのお越しだけども、ヤヤせわしない。本来は20日からお彼岸らしいから、5…

プリズナーNO.6 ~MINI 60年~

MINIが誕生して今年で60年。 英国やこの国でも、いくつか比較的大掛かりな記念イベントが開催されているようで、慶賀というほかない。 私的感想を申せば、BMW-MINIに変わった時点で「楽しい車」としてのMINIのヒストリーは終焉し、今そこいらを駆けてるMIN…

プロジェクタースクリーン

平日月曜のライブというのは、むろんあり得ないワケではないけども、やや少ない。 そのやや少ない日程での「嶋津健一ピアノコンサート」。 ゲスト歌手に我れらが、なかだたかこ。 チラシも我れらが、Yukoちゃん。 客席のアッチコッチにジャズフェスやら別の…

お盆の蚊

12日。朝の3時過ぎ、外に出て夜空を眺める。 ペルセウルス座流星雨。 ふとよそ見をした瞬間に、天井近くに取り付けて忘れていた画鋲が1つ抜け落ちたみたいな、 「んっ?」 動いたような気配が何度かあったけど、クッキリ見えたのは僅かに3つ。 うち1つは…

らっきょうに未来はあるか

仏教の精進料理では、らっきょうは禁じられた菜の1つ。「禁葷食(きんくんしょく)」と云われる。 らっきょう、ねぎ、ニンニク、たまねぎ、ニラ。この5種を「五葷(ごくん)」と称し、その匂いゆえ、すなわち生臭いものとして、僧も徒も食べちゃいけないコ…

茅輪祭(わくぐり)

ちょっと慌ただしい7月末。 雨天の連続で沈黙を強いられていたセミ達が、ここ数日の早朝からの陽光にいっせいに勢いづき、大声で鳴く。 かなりの喧騒。求愛の日程が圧縮されて大いに焦っての慌ただしさという風情。 夕刻の甚九郎稲荷で複数の方々に挨拶。 …

らっきょう好感

『BladeRunner』の印象を決定づけたロイ・バッティ。彼を演じたルトガー・ハウアーが亡くなった。(75歳・オランダにて逝去)映画の中の死を迎える直前の最後のセリフは、 「思い出はすべて消える」 といった意味合いのものだったけど……、哀悼しつつも、同映…

ポシェット

腰痛が全快しない。概ねでオッケ~だけども、どこか安定しないというか、腹痛や歯痛みたいな、 「治った、おさまった~」 ではない不穏が終始からまる。 痛み野郎が隠れていて、いつ顔を出してやろうかウズウズしてるって感じ。 いい加減で切り上げたいのだ…

梅花点々

客人に食事を出し、食べてもらい、その食後にテーブルクロスに汁の飛沫や食べるさいに散ったクズ小片など、それら点々とした様相を、かつて昔々の中国では、 『梅花点々』 といって、顔をほころばせた。 メイファ~ディエンテン、とでも発音したらいいか。 …

「医」の字

完全ではないにしろ腰の痛みが消えつつあり、日常の生活が戻ってきた。 嬉しいね。 どうかしたハズミでズッキ~ンとくるし、同じ姿勢のままだと痺れてもくるから、まだ通院は継続中。擦られたり温められたり……。 当然に腰を屈める庭作業などもってのホカじゃ…

腰痛騒動

日々の暮らしの中、誰にだって、諸々な優先順位ってのがあるでしょ。 アレしてコレしてと、欠かさずやらなきゃいけないコトがアンガイいっぱいある。 けどもそういうのを粉砕してくれるのが、突然のアクシデントというやつ、ね。 先週の月曜から、整形外科に…

桂そうば岡山落語会

過日の午後、『桂そうば岡山落語会』。 自分にとって年1度の落語を直に”見る”日。 落語は頻繁に聴いている。かなりの量をCDからiTunesに置き換え、概ね2日に1度くらい、どこかの時間で、1席か2席、誰かの何かを聴くというアンバイ。 ローテーションとし…

キムチ十景

前回記事で登場の、庭池で阻害され危うく落命するところだった1匹のコメットは、その後、小さな水槽で養生生活をおくってる。 単身の1部屋住居の窮屈は気の毒じゃあるけど、庭池で他のやつらに追っかけられてストレス爆裂ヘトヘトよりは、ま~、いいだろう…

まごのて

最近100円ショップで「孫の手」を買ってエラク重宝してるのだけど、「孫の手」を発明したヒトは、「世界の偉人100人」に選んであげても良かアンベ~なのじゃあるまいか。 それっくらい威力絶大、かゆい所に手が届く逸品だ。ま~、文字通りにそう機能するのだ…

令和の初日

一昨日、祭日の柳川交差点界隈。 「たま大明神」が設置されたテラス真下空間での初めてのイベント。我が眼で見る平成ファイナルのライブシーン。 ステージのトリとして登場の、我が良き友の歌声が清々しい。 馴染んだ声に淡くなりつつも、けども雨の粒。おま…

神勝寺にいく

雨天となった日、福山の神勝寺に出向く。 1年ほど前、講演で御一緒いただいたN女子大の上田教授より、 「日本の建築家を1人あげるなら、藤森照信でしょう」 魅力を聞かされた。 その藤森作品の寺務所が神勝寺にあるのだった。それで気にはなっていたのだ…

赤の光景 ノートルダム寺院

このシーズンになるとアチコチの庭先やら道路の境やら、生垣の紅色が眼にあざやか。 うちの生垣も数年前から、このベニカナメモチがおごる。レッドロビンという名でも呼ばれてる。 廉価だし、強くてよく育つし、なにより新芽が出るこの季節となれば紅色とい…

書棚うごかす

岡山神社の音楽祭。 今回は複数のオッ友達がステージにあがるので楽しみにしていたのだけども、しか~し、あいにくの雨模様。 屋外イベントを主催するヒトにとってお天気具合ほどヤッカイなものはありません。一喜一憂、決行か中止かの判断大いに同情致す処…

定家明月記私抄

前回の金魚譚を読んでくれた某ちゃんに、 「元号、嫌うほう?」 柔らかい問いをもらったけど、その逆です。あんがい好みにしてる。 なるほどたしかに、市役所やら警察署など、 「えっと……、今ナン年だっけ」 ジャズフェスの道路使用など申請時に窓口で躊躇し…

たま大明神

桑田町の岡山シティホテルでランチ。 スポーツだかの親善でやってきて同ホテルに宿泊してるのか、背にCHINAのロゴが入った揃いユニホーム10数名の小学生らの食事時間と重なり、その行儀の悪さに辟易しつつ、セッセと皿換え品変え、食べに食べる。 バイキング…

Spring has come

3年ほど使い続けた Mac pro を新たな Mac pro に交換。新たなといったって、ゴミ箱の筒みたいなあの応用性の悪いヤツでなく、旧型のモノ。 昨日まで使ってた Mac pro とて何の不具合もなく、本体交換の必然も実はなかったけど、我がコンピュータ環境のほぼ…

サバ缶 百花繚乱

何10年もさほど日の目やら脚光を浴びることなくお過ごしであったサバ缶たちが、いまやメチャな活気ワールド。新缶あいつぎ、乱世繚乱のせめぎあい。 価格抑制のためか、奇をてらったか、缶オープン部分が紙製になったモノも出て来て、ハチャメチャの賑わい。…

ミルキーソフトのキャラメル味

1ヶ月ほど前のことだけど、フジヤのミルキー・ソフトにキャラメル味というのが新登場で、これが珍しくも近場のスーパーに早々と入荷しており、買ってしまうのだった。 バターみたいにパンに塗るスプレッド。 すでに”普通”のミルキー味のものは販売され(こ…

はやぶさ2とピーター・トーク

先日22日。朝6時半頃にMacを起動させ、「はやぶさ2」の着陸実況配信を眺める。 思った以上にチカラの入った”番組”で、実況ゆえの醍醐味を感じた。 同居のマイ・マザ~へのモーニング・サービス時間と重なっていて、オシメ交換やら朝食をお出しした頃合いで…

影に仰天 ~火星年代記~

過日。The Recycleのライブ。 このバンドの溌剌を見るのは年に1度っきり。ニドサンドゥウィッチィじゃなくって年イチド~ッキリがドッキリ鮮度も保たれるって~もんだ。いいね。 スナザイル君のMCとボーカル。タケザイル君の確実なベース。動と静の佇まいが…

花戦さ 余談

前回記事で触れたムジンサイについて。 ムジンサイは無人斎と書く。 歌詠みの人でもあったから、これは号。正確には無人斎道有という。 本名は武田信虎。 かの武田信玄に追放された、その実の父親だ。(信虎43歳・信玄(晴信)は20歳の時の事件) 信玄は父を…

ミカン

ミカンの中に種が出て来るようになると、いつもきまって、チョイ淋しいようなシーズンのうつろいを意識させられる。 それが冬の終わりとイコールではないのが、心地よくない。 あいかわらす寒いのだから、もすこし冬味覚として食べていたいから。 歩いて3分…

〆鯖とファーストマン

思う程には皿が積み上がらないなぁ。かつては20皿くらいは楽勝だったよう思うけど、今年初の回転寿司……、12皿でもう充分なお腹に年齢を意識しないわけでない。 ラストオーダーは〆鯖とシャレてみても、気持ちはもうチョイ食べたいけど、お腹はも~イイも…

フライト

過日、夢で空を飛んだけど、これが喝采したくなるホド見事な飛びっぷりだったんで、目覚めてもしばしボンヤリ追想に耽るようなアンバイだった。 仙境めいたのどかな庭先に希林さんみたいなニコヤカな老女がいて、お手伝いさんがいて、2人と会話した後、「そ…

年始のお寺

S 君来訪。 お正月を実家のある福井で過ごし ての土産をば届けてくれる。こういう不意打ちはメチャ嬉しい。 岡山と福井は縁あるようで意外と希薄。こういう機会に福井を知るのはイイことだ。 ついぞ今まで知らなかったけど、「とろろ昆布」と「おぼろ昆布」…